リゾート地で募集しているバイト情報について説明します。

今昔

タクシーが日本に登場したのは、なななんと、1912年(大正元年)なんですね。
東京の数寄屋橋のあたりに事務所を構えて、それも6台からスタ-トしています。
当時、車自体の数も少なく非常に珍しく、また其の運賃も破格のものでした。
その後タクシーは繁栄の道をたどり台数もどんどん増えて、東京、大阪以外の街中でもよく見かけるようになりました。
かたわらに本社を置き、6台でスタートしました。
流しはありませんでした。
その後、1921年(大正10年)には、第一次世界大戦による好況で1205台まで増加しました。
その後、第二次世界大戦の影響で ガソリンの枯渇かがすすみ燃料が木炭とか変わりましたが、タクシ-はしぶとく戦争中も 生き残りました。
その後勃発する朝鮮動乱に景気の回復に便乗し、ますます 其の台数は増えていきました。
タクシ-事業のうまみが、世の中に知れるところとなり、会社に所属せず、といって其のあと、出来る個人TAXIでも無い「白タク」が現れ始めたのは、この頃以降になります。
一方、 会社に所属するタクシ-は、一日の売上げの目標、つまりノルマを厳しく決められて、この頃から乱暴な運転を行う「神風タクシー」が、出現するようになりました。
おとなしく安全運転に徹していると売上げが達成できないからです。
そして 1964年(昭和39年)に待望の「個人タクシー業者」システムが整備され、170人強の人たちが日本で始めての個人タクシ-の運転手になりました。
東京オリンピック、万博等、日本の高度成長期に足並みを合わせるようにタクシ-業界は成長していきます。
その後、初乗り運賃が設定されて 最初は130円、そして170円、
280円までに上がりました。
初乗り運賃は時代とともに上がってゆき現在は710円あたりで落ち着いています。
その後、規制緩和の波は、タクシ-業界にも及びました。
その結果今まで無かったタイプのタクシ-が多く出現しました。
また官僚接待の「居酒屋タクシー」が世間の知るところ隣、全省庁でタクシー券が廃止されたことは、タクシ-業界の大きな痛手となりました。
その後の技術革新には素晴らしいものがあります。
全国でEVタクシーの導入が活発になってきてます。
もともとLPガスを燃料にしているタクシ-のなかにで、クラウン
タイプが多い中に、プリウスタイプが、入ってくるのは燃費が大幅に向上しているからなのです。
そしてこれからは電気自動車のタクシ-化が進むだろうといわれています。