第二新卒の就活を解説しました

第二新卒の有利な就活

新卒者はもはやあまり必要ないといってもおかしくない時代のようで、もてはやされているのが第二新卒など経験者ということになっているのです。新卒者にとって就活というのはどれをいつからしていいのかわからないこともありますが、第二新卒の人の場合には一度経験しているので何から始めたらいいかわかっているのです。また就職を成功させるためにはポイントやコツというものがあるのですが、それに関しても新卒者というのはネットなどの情報からしか学んでいないわけです。しかし一度就活している人というのは実践していますので、そこで反省点なども学んで成功するポイントやコツを知っているのです。新卒者よりも何事にも有利である第二新卒というのは後は何をすべきかといえば、就活の期間というときにもスキルをあげて即戦力を強化すればいいのです。


第二新卒の就活とその就職

大学を卒業して就職するのですが、希望した仕事に就けないなどの理由から、1,2年以内に辞めてしまい、新たに就職活動する人を第二新卒といいます。そのような人が就職活動するメリットとしては、一度は就職しているため、会社の新入社員教育を受けているのです。そのため、ある程度の会社のルール、社会人のルールを知っているので新入社員教育は不要になります。30歳くらいの中途採用よりも若く、企業の色に染まっていません。第二新卒の就活は新卒を採用する企業も応募できますし、第2新卒だけを求める企業に応募もできます。一度辞めてさらに会社に応募しようとする人です。それなりの強い意志があるのです。採用する企業側においても新入社員よりも積極的に採用を行なう企業もあります。新卒、中途以外の新たな採用として今後も増えていくでしょう。


第二新卒の就活はむしろ有利!

第二新卒のみなさんははじめて転職活動をするときにどのような気持ちになりますでしょうか。辞めてしまったことに対する罪悪感やドロップアウトしてしまったという気持ちはありませんか?そのような心配は一切必要ありません。第二新卒ははじめて就職した人が実際に働き出してズレを感じたり、目標を達成した人が次のステップとして選ぶ道です。次に転職するときはズレを修正したり、次の新しい目標を持って就活に挑みましょう。実際に第二新卒の方が面接を受けると必ず、前の会社で何をやっていたのかということを聞かれます。これは次に何を目指すか、自分の会社とマッチするか、ズレは修正できるか、ということを確認しあうためのものです。もちろん前の会社のことを悪く言うのはよくありません。しかし前の会社で感じたズレをどのように修正していきたいか、次の目標は何かということをきちんと話せるようにすることが重要です。

一人で抱え込まずお話を聞かせて下さい、道が開けるアドバイスをいたします。履歴書の書き方から面接対策、会社選びなどノウハウをお教えいたします。人生の大事な選択である「就職」のために入社後まで考えた就職活動のお手伝いをいたします。学歴を気にして悩んでいるなら、その時間を営業カレッジで使いませんか!卒業された80%の方が3ヶ月位以内に内定を受けています!個別の就職相談も無料にて随時開催いたしております。社会人経験のある第二新卒の就活